安い単身パックといえばクロネコヤマトが有名です。クロネコヤマトの単身パックは荷物量に合わせて単身引越サービスと単身引越サービス(miniタイプ)の2タイプが用意されています。ほかにも急な引越しや荷物量が多めの方に向けた「単身引越ジャストサービス」や、日程に余裕があり近距離の引越しの方に向けた「おまかせフリー割サービス」がありますが、今回はクロネコヤマトの単身パックのなかでもメジャーな単身引越サービス、単身引越サービス(miniタイプ)についてご紹介します。クロネコヤマトの単身パックは安いうえに家具家電の梱包や搬出・搬入をスタッフが行ってくれるので安心です。

クロネコヤマトの単身パックのサイズは?

単身引越サービスのBOXサイズは1.04m×1.04m×1.70m×1.83㎥で、引越サービス(miniタイプ)のBOXサイズは1.04m×1.04m×1.30m×1.40㎥となっています。単身引越サービス(miniタイプ)のBOXと比べ単身引越サービスのBOXは高さが40cmプラスされています。

クロネコヤマトの単身パックの料金は?

BOXサイズが違うので当たり前ですが、単身引越サービスは単身引越サービス(miniタイプ)より少しだけ料金は高く設定されています。
1BOXあたりの料金ですが、単身引越サービスは同一市区内の引越しの場合は関東エリアだと17,000円(税抜)、その他のエリアは14,000円(税抜)です。また、東京・神奈川間の引越しの場合が21,000円(税抜)となっています。
単身引越サービス(miniタイプ)の1BOXあたりの料金は同一市区内の引越しの場合、関東エリアだと16,000円(税抜)、その他のエリアだと13,000円(税抜)です。東京・神奈川間の引越しだと18,000円(税抜)です。
WEBでの見積もりもスピーディーですが、ホームページでこうした料金がはっきり提示されているのは良心的だと思います。

どんな荷物が入るの?

クロネコヤマトのホームページでは、単身引越サービスはひと通りの家財をお持ちの方に、単身引越サービス(miniタイプ)は比較的少ない荷物をお持ちの方におすすめとされていますが、BOXサイズは日通さんなどの単身パックとそれほどかわりはないため、どちらのタイプも必要最低限の荷物のみ入ると思っていいと思います。
miniタイプよりも単身引越サービスのほうがBOXに高さがあるため、家具家電が大きめの方、ちょっとでも多く荷物を運びたい方はminiタイプではなく単身引越サービスを選ぶとよいでしょう。クロネコヤマトさんのホームページにある画像をご覧いただくと積める荷物のかんじが把握できるかもしれません。

オプションは何があるの?

クロネコヤマトは大手らしくひと通りのオプションが揃っていますが、特筆すべきは単身引越サービス専用オプションの「荷づくりサービス」と「単身資材パック」です。単身引越パックはクロネコヤマトに限らず自分で荷づくりをするのが基本なので、荷づくりをする時間がない方や面倒な方は荷づくりのオプションを利用するとよいでしょう。スタッフさんが丁寧に荷づくりをしてくれて、料金は荷物量に応じて1BOXあたり6,000円からとなっています。
後で詳しく書きますが、同じく単身引越サービス専用オプションの単身資材パックも忙しく資材を自分でそろえるのが大変な方にはおすすめです。こちらはお値段が一律で比較的安価です。
その他のオプションには資材の販売や資材回収サービス、エアコンや洗濯機の取り付けやテレビのセッティングなどの各種電気工事、ピアノやバイクや車両の輸送といったものがあります。個人的には、引越し時に出た資材を3,000円で処分してくれるという資材回収サービスは普通に市町村のごみの日に出せばよいのではないかと思いますが、一度に引越し作業を済ませたいという方にはありがたいオプションかもしれません。
また、オプションで運送保険に加入することもでき、単身パック利用者にニーズが高いと思われる家具家電レンタルサービスがあるのもクロネコヤマトのオプションの特長です。

クロネコヤマトは段ボールを用意してくれるの?

残念ながら、クロネコヤマトの単身引越サービス、単身引越サービス(miniタイプ)には段ボール等梱包資材は料金内に含まれていません。
しかしオプションで引越しに便利な各種資材を販売しているほか、単身引越サービス利用者に向けてお得な単身資材パックも用意されています。単身資材パックは3,200円と安く、段ボールからふとん袋、ビニールひもや油性ペンまで13種の引越しに必要な資材が揃っているのでかなり便利だと思います。
少しでも安く引越ししたい!という方は自分でスーパー等に行き段ボールをもらえば段ボール代は無料になりますが、引越しシーズンは段ボールの取り合いになるのでお早めに集めておくことをおすすめします。

単身パックは不用品を処理してくれるの?

こちらも残念ながら単身パックの料金外となりますが、オプションで不用品の引き取りサービスを行っています。家電リサイクル法の対象となる洗濯機・冷蔵庫・エアコン・ブラウン管テレビ・液晶テレビ・プラズマテレビ・衣類乾燥機の6品目は事前に家電リサイクル券を郵便局で購入しておく必要があります。なお、生活ごみは回収対象ではありませんので事前にごみの日に出すか、市町村の粗大ごみ回収に依頼しましょう。
また、クロネコヤマトは不要な家具家電の買い取りも行っているので6年以内に購入した家具や製造された家電をお持ちの場合はご利用されるとよいと思います。ちなみにパソコンは引き取ってもらえません。

ヤマトの割引サービスはあるの?

クロネコヤマトの単身引越サービスには4つのお得な割引があります。WEB割引と平日割引、早期申込割引、複数BOX割引があり、この4つの割引は併用可能です。1件あたりの割引額ですが、WEB割引は2,000円、平日割引は2,000円、早期申込割引は1,000円、複数BOX割引は1,000円です。
これらの割引は他社と比べてもかなり条件がゆるいわりに割引額が高いので要件に当てはまる方はぜひ活用してください。「早期に」「WEBで」「平日に」単身パックを申し込むだけで5,000円も割り引かれます。
ただ、シーズン期間(3/20~4/5)は平日割引と早期申込割引は適用されません。また、シーズン期間は単身引越サービス(miniタイプ)自体が適用外なので注意してください。そして、シーズン中には単身引越サービスは1BOXにつき2,000円割増されます。

ヤマトの単身パックに向いているのはどんな人?

クロネコヤマトの単身引越サービスは、急な引越しや忙しい方に向いています。単身引越パックでは自分で荷づくりをすることが当たり前ですが、クロネコヤマトの単身引越パックは荷づくりをスタッフが代行してくれるオプションがあり、また自分で荷づくりをする場合にも単身資材パックが用意されているため面倒な作業を極力減らすことができます。
 また、宅急便のように翌日配達と4つの時間帯指定ができるのもクロネコヤマトの単身引越サービスの特徴で、午前中と12~15時15~18時18~21時の時間帯が選べるのも忙しい方には非常にありがたいところです。しかしこちらもシーズン中は午前・午後・フリーのみの時間指定となりますのでご注意ください。

クロネコヤマトの単身引越はおおざっぱな性格の方にもおすすめです。単身パックは最低限の荷物しか運べませんので、あまい見通しで準備していると引越し当日にBOXに荷物が入りきらないというケースもあります。こうした場合、他社の単身パックではBOXを増やすか別の会社・業者・機関を利用することになりますが、クロネコヤマトは流通に強いので積めなかったものは宅急便で送るなど、クロネコヤマトのサービス内で処理できます。荷物のいろいろな送り方が選択できるのがクロネコヤマトの強みであり、値段の安さにもつながります。

 個人的には大学生や単身赴任をする方にクロネコヤマトの単身パックがおすすめです。クロネコおまかせレンタルという家具家電のレンタルサービスはこれから新生活をおくる方には最適ですし、キャンパス間の近距離移動をする大学生だと料金も安くすみます。

最後に、引越しシーズン(3/20~4/5)に引越し予定でない方というのも1つのポイントです。クロネコヤマトの単身パックですが引越しシーズン中はminiタイプが利用できず、平日割引・早期申込割引が適用されないことを頭においておく必要があります。
 

まとめ

クロネコヤマトの単身引越は移動距離や荷物量、引越し日などご自身の条件とマッチしていればかなり安く引越しすることができます。流通に強いクロネコヤマトは荷物のアクシデントにも臨機応変に対応できますし、単身パック専用のオプションも用意されているので、安く、手軽に単身引越することが可能です。単身パックの利用を考えている方はぜひクロネコヤマトの単身引越サービスをご検討ください。